NHK「視点・論点『東北を開く神話』」

  • 2013.02.01 Friday
  • 00:00
昨年3月、鴻池朋子さんがNHK「視点・論点」に出演された時のものです。
ぜひご参照ください!

 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/113548.html

【東北を開く神話 第2章『第二の道具〜指人形』】隠れマウンテン登山のこと

  • 2013.01.25 Friday
  • 12:30
「東北を開く神話展 第2章」
《隠れマウンテン登山》という関連企画があります

美術館で「隠れマウンテン登山」マップを配布していますので、
小さな指人形といっしょに、マップを片手にぜひ散策してみてください。
美術館前から、明徳館図書館、彌高神社、ポケットパークにも、
いろんなマウンテンが出現しています!

そして、登山の途中の休憩におすすめなのが、
美術館併設の喫茶室「玻瑠(はる)」さんと、大町の「カフェ エピス」さん。
土日限定で展覧会特別メニューをご用意しました

喫茶室「玻瑠(はる)」さんでは、
菓子舗 榮太楼さんの和菓子と美味しいコーヒーのセット(500円)です。
お菓子は、
〈左〉春、立木のまわりの雪が解け、すり鉢状にへこんで行く様子を表した「根開き」
〈右〉冬のたたずまいを残しながらも勢いよく芽吹き始める春の山々を表した「春嶺」
のいずれかをお選び頂きます。
[営業時間は、10:30〜17:00]
  

カフェエピス」さんでは、なんとマウンテンケーキが!
ケーキの中身は…食べてからのお楽しみです!
お好きな飲み物とセットでどうぞ。(800円〜)
[営業時間は11:00〜19:00(ラストオーダーは18:30)]

いずれも数量限定です。
ぜひ展覧会と併せてお楽しみください

【東北を開く神話 第2章『第二の道具〜指人形』】小さな指人形のこと

  • 2013.01.24 Thursday
  • 18:53
「東北を開く神話 第2章」では、
32名の作家さんたちの“大きな指人形”作品を会場で楽しんだ最後に、
ご来場の皆さまに“小さな指人形”をお渡ししていいます。

約2000体の小さな指人形たち、それぞれ今回出てくる地名をそれぞれイメージしたもの。
参加作家さんたちだけでなく、手芸教室の生徒さんたちや学生さんたちなど、
いろんな方たちが作ってくださいました。

どんな指人形がもらえるかは、会場に来てからのお楽しみですよ
(おかあさんの分と自分の分を両手に!かわいい!)

(お友達同士で、見せあいっこしていました!)

(職場でもぜひ楽しんでください!)

【東北を開く神話 第2章『第二の道具〜指人形』】はじまりました!

  • 2013.01.22 Tuesday
  • 10:22
「東北を開く神話 第2章『第二の道具〜指人形』」はじまりました!

今回は、32名の作家さんたちの作品と、
さらには、「第二の道具」である縄文土器も会場内に並んでいます。

第1章とはまた違った雰囲気に包まれた展示になっています。
ぜひ会場でお待ちしております!

また、中学校・高校向け/団体さまの特別鑑賞を行っております。
こちらもぜひご活用ください!
(ご希望の場合は、事務局宛に事前に申請をお願い致します。)

昨日は早速、和洋高校の1年生の皆さんが来てくれましたよ
展覧会の様子、随時こちらのブログでもご紹介していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「東北を開く神話 第2章『第二の道具〜指人形』」

【日時】
2013年1月19日(土) – 2月3日(日) 10:00-17:00

【会場】
現秋田県立美術館(秋田市千秋明徳町3-7)

【お問い合わせ】
あきたアートプロジェクト事務局(ココラボラトリー内)
010-0921 秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F
TEL&FAX 018-866-1559 MAIL machi-muse@akita-art-project.net

【東北を開く神話】第2章がはじまります!

  • 2012.12.01 Saturday
  • 00:00
 
今年の1月に開催をした「東北を開く神話」
来年の1月に「東北を開く神話 第2章」の開催が決まりました!
(昨年の様子はこちらでチェック ☞ http://machimuse.jugem.jp/?cid=4


秋田市出身の現代美術作家・鴻池朋子さんと、
秋田の作家さん33名による、展覧会です。
前回同様、参加作家の皆さんには、はじめにカードを3枚引いてもらい、
その3枚のカードでできあがった“呪文”をもとに、
作品を制作してもらいます。

先日は、参加作家さんたちの作品制作についての相談会が行われました。
鴻池朋子さんと、
この展覧会の企画に携わってくださっているゲームデザイナーの大山功一さんに、
参加作家さんたちが作品プランを報告しました。

今回は、それぞれの呪文と、
“指人形”をテーマに制作をしてもらっています。
さてどんな作品ができあがるのでしょうか。
いまからフキ坊もとっても楽しみです!

展覧会までの様子はこちらのブログでご紹介していきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「東北を開く神話 第2章」

【日時】
2013年1月19日(土) – 2月3日(日) 10:00-17:00

【会場】
現・秋田県立美術館(秋田市千秋明徳町3-7)

【お問い合わせ】
あきたアートプロジェクト事務局(ココラボラトリー内)
010-0921 秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F
TEL&FAX 018-866-1559 MAIL machi-muse@akita-art-project.net

【東北を開く神話】終了致しました

  • 2012.01.31 Tuesday
  • 12:15

「東北を開く神話」
会期の12日間を無事終了致しました。

現代美術の世界で大活躍されている
アーティスト鴻池朋子さんの企画のもと開催しました、展覧会。

大きな大きな企画で、いろいろなことがありましたが、
こうしてとてもご好評頂きましたこと、
本当に多くの皆さまに感謝致します。

さて、あきたアートプロジェクトは、
今後も様々な展覧会やイベントを企画していきます。
あらためまして、どうぞよろしくお願いします。

今後も情報は、HPや、こちらのブログ、
そしてフキ坊のツイッター(@fukibow)でもご案内していますので、
ぜひチェックしてみて下さいね。

(フキ坊)

【東北を開く神話】「神話」のはじまり…

  • 2012.01.19 Thursday
  • 18:00
「東北を開く神話」スタートしました!
 初日から多くのお客様に来て頂き、本当にありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここで今回の「東北を開く神話」のはじまりについて、
ご紹介しましょう。

秋田出身の現代美術作家・鴻池朋子さんの企画ではじまった展覧会。
秋田の50名の作家さんたちといっしょに作り上げます。

初回のオリエンテーションでは、
参加作家の皆さんに、まずは5枚のカードを引いてもらいました。
(そのときの様子は、こちらのブログで詳しく書いて頂いています!)

5枚のカードに書かれた単語をつなげてできあがった、
一人一人の作家さんが自分で引き当てた「呪文」を元に、
今回の展覧会の作品は制作してもらいました。

不思議な言葉の組合せによってできあがった呪文の数々…
呪文に入っているその土地に実際に訪れ、
それから制作した作家さんもいれば、
言葉のつながりや音の響きからイメージをふくらませて、
制作した作家さんも、実に様々。

参加40組の地名の位置と、呪文は、Googleマップで見ることができます。

はたして「呪文」がどのような作品になっているのか…
お楽しみに!ぜひ会場へ足をお運びください!

〈鴻池朋子さんのプロフィールはこちら〉

(フキ坊)

【東北を開く神話】第1章 鴻池朋子と40組の作家が謎の呪文で秋田の古層を発掘する

  • 2011.12.30 Friday
  • 10:21


2012年1月に開催される「東北を開く神話」のフライヤーが完成しました!

設置にご協力頂けるギャラリーや店舗、募集しております。
あきたアートプロジェクト事務局宛にご連絡下さい。
(年始から随時発送致します)

-------------------------------------------------------------------------
あきたアートプロジェクト
「東北を開く神話」第1章 鴻池朋子と40組の作家が謎の呪文で秋田の古層を発掘する

日時:2012年1月18日(水) - 1月29日(日) 
会場:秋田県立美術館・美術ホール(秋田県秋田市千秋明徳町3-7)
入場料:無料
---------------------------------------
【関連企画】
●「ギャラリートーク/神話を旅する秋田のアーティストたち」
 本展覧会の参加作家と一緒に作品を巡るガイドツアーと、
 作家たちの制作秘話に耳をかたむけるトークの時間。

日 時:2012年1月21日(土) ①10:30-12:00/②13:00-14:30/③15:00-16:30
会 場:秋田県立美術館・美術ホール
 *各回10名くらいずつ別々の作家が参加。
 *どの会も入場無料・入退場自由。
----------------------------------------
●「記念トークセッション/人間と野性が往還する道」
 民俗、登山、アートの専門分野から、人間と野性の間をつなぐ
 東北の風土や道について対話し、本展の呪文、想像力を読み解きます。

ゲスト:庄内 昭男(考古学・アート&クラフト昭和堂店主)
    藤原優太郎(フリーライター・あきた山の学校代表)
    鴻池朋子(アーティスト)
司 会:樋田豊次郎(秋田公立美術工芸短期大学学長)

日 時:2012年1月22日(日) 15:30-17:30(15:00開場)
会 場:カレッジプラザ(秋田市中通2-1-51 明徳館ビル2F)
*入場無料・要予約
----------------------------------------
●新県立美術館 PR企画事業:鼎談
美術館の新たな可能性を求めて〜藤田嗣治のオマージュ 」
 
出演者:高階 秀爾(美術評論家・大原美術館館長)
    山梨 絵美子(東京文化財研究所企画情報部近・現代視覚芸術研究室長)
    鴻池朋子(アーティスト)

日 時:2012年1月29日(日) 13:30-15:30(13:00開場)
会 場:秋田県立美術館2F 大展示室
*入場無料・要予約
-------------------------------------------------------------------------
各イベントのお問い合わせやご予約は、
あきたアートプロジェクト事務局(ココラボラトリー内)まで
*1/29の鼎談のみ、ご予約は「秋田県教育庁生涯学習課までお願いします。
 (TEL 018-860-5185)

TEL/FAX 018-866-1559
E-mail  machi-muse@akita-art-project.net

【東北を開く神話】展覧会開催のお知らせ

  • 2011.11.12 Saturday
  • 11:12

2012年1月、秋田県立美術館を会場に、
秋田出身のアーティスト・鴻池朋子さんと、
あきたアートプロジェクトに参加するアーティストたちによる、
「東北を開く神話」展を開催することとなりました。

現在の秋田の物語や地形、山や森の情報を集めて再編集し、
まったく新たなる神話の地図を制作、
誰も知らなかった古代からの東北の古層のエネルギーを、
アートの力で表現しようという展覧会です。

詳細は、決まり次第随時このブログでご紹介して行きます。
どうぞお楽しみに!

--------------------------------------------------------------------

「東北を開く神話(仮題)」

[日時]1/18(水) - 1/29(日) 
[会場]秋田県立美術館・展示ホール

〈鴻池朋子さんプロフィール〉

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM